まずは、どんなに大丈夫だったとしても病院へ行きましょう。
レントゲン等の検査を受け、診断書を書いてもらいます。
自賠責保険を使って治療を受けるには、診断書が必要になります。
診断書は「警察に出すので書いて下さい。」と言うともらえます。

※その際のポイント!
事故直後は大した痛みが無くとも、後から痛みや不具合が出てくることが良くあります。特に事故のショックと興奮により、アドレナリンというホルモンが痛みを抑えてくれていますが(実際、ボクサーは試合中殴りあっていても興奮によりアドレナリンというホルモンが出ているので痛くないそうです。翌日、翌々日に痛みが襲ってくるようです。)
だからといって「大丈夫です!」としてしまうと後で強い痛みが出た時に困りますので必ず病院に行き、診断を受けて下さい。

その際、わずかでも痛みがあるところ、違和感があるところ、不具合があるところは全て医師に伝えて下さい。
その時に書かれた診断書がのちの治療内容を決定することになるので。
たとえば「首かなぁ…あとは大丈夫かな・・・」と言ったために診断書には「頸椎捻挫」のみの部位で書かれたとします。すると、その後の治療内容は保険会社より「医師の診断の部位のみ、治療費を支払います。」となりますので、翌日、翌々日に出てきた肩や腰などの治療は出来なくなります。
言うだけ言って、例えば①首②肩③背中④腰と4部位の診断書を書いてもらえれば、その後何でもなければそれで良しですし、もしも強く痛みが出た場合その部位もしっかり治療を受けることができます。
当院で治療を受ける際には、警察に提出する診断書をお持ち下さい。
(コピー可、当院でもコピーさせて頂きます)
※お電話いただければ詳しくアドバイスいたします。

交通事故