肩こり・腰痛等一般治療の他に、女性専科(美容鍼・冷え性治療・逆子)の治療も行っています。

頭痛・肩のこりの治療


何故、肩が凝るのでしょう?
おおざっぱに言って原因は三つ。
①不良姿勢(うつむき・下向き)をずっと続けている
②運動不足(じっとしていて動かない・筋力がない)
③ストレス(緊張やイヤだな、苦手だなと思うココロ)
これらが筋肉を緊張させ、凝りを作り、骨格を歪めます。

肩こりや頭痛持ちという方は、実は肩よりも首に問題があります。
頸椎の歪みが問題なのです。病院でレントゲンを撮って、ストレート・ネックと言われたことがあるかも知れません。頸椎の正常なカーブが消失してしまっているのです。

歪みのせいで肩がすぐ凝り、気持ち悪く、頭痛、疲れ目に、イライラするなどの不定愁訴が出てきます。この症状は頸性神経筋症候群と言います。

首のせいで神経が病み、筋肉が凝っている状態ですね。だから、ただの肩こりじゃないんです。一般的には肩こりだからと湿布を貼ったり、塗り塗りしてスーとさせたり、揉んでもらったり、エレキバンを貼ったり・・・でも、治らない。だって、症状の出ている肩ばかりにフォーカスして、原因である首を治していないのだもの、治るわけがありません。

例えば正座して脚が痺れている。症状が辛い足指に湿布を貼ったって、足指を揉んだって、駄目。締め付けている膝を弛めなければ解決にならない。
それと同じ。首を整えることが必要なのです。

それからこの状態を放って置くと・・・目まいや耳鳴り、動悸や高血圧、冷えや胃腸不良、イライラやウツなどの不定愁訴が沢山出てきます。この症状は自律神経の乱れです。
首が歪むと自律神経も乱れる。逆に言えば首を整えることによって自律神経も整うのです。

何故歪むのか?それは筋肉の緊張によるモノです。
筋肉は骨と骨を繋いで骨格を支えています。筋肉はストレスがかかると固くなります。
凝るわけです。凝って硬く縮めば骨格間が歪みます。これが歪みの原因です。


だから当院では、初回にまず鍼で中の筋肉からほぐし、首の整体をします。2回目からは鍼灸治療に指圧マッサージも加えて外の筋肉もほぐし、数回のプログラムを立てて緩んだところで頸椎の矯正を行います。

それから、プログラムの中でストレッチや正しい姿勢などもお教えしてゆきますので、生活の中で原因となる不良姿勢・運動不足・ストレスを解消して貰えれば、肩こり首こりしくい良い状態を保てると思います。



腰痛・座骨神経痛の治療


腰痛になる原因は色々あります。
・長時間同じ姿勢を続けている。
・姿勢が悪い(中腰・腰を反らす)
・緊張(ストレス)による筋収縮
・筋肉が硬い
・運動不足
・座り癖や誤った使い方
・腰だけで荷物を持ち上げようとしたり、フォームの悪さ・・・

これらの原因が筋肉を固くし、ゆとりを無くしてしまうことで、踏ん張れなくなります。
そして骨盤が歪むと支えられないので、同じ姿勢を長く保つことが出来ません。
慢性腰痛の原因は、骨盤の歪みと不良姿勢、筋肉の固さ・筋力の無さです。
湿布や痛み止めだけでは、歪みんだままなので問題は解決しません。

それを放置すると・・・
腰からの循環障害が、脚のだるさ・しびれ・坐骨神経痛を生みます。
それから・・・
腰をかばっているせいで、背中が張ります。その背中をかばうせいで肩も凝るというように全身に不調が起こります。精神的にもブルーになりますから、ウツや自律神経失調症になりかねません。

どうしたら治るのか。
痛みを取るだけでは治ったとは言えません。痛み止めを飲んでいるだけでは解決にならないのです。問題は、筋肉が硬くロックして伸びない。だから屈んで靴下を履くのも辛い。骨盤が歪んで同じ姿勢を保てない。歪んでいるから支えられないので踏ん張れない。
当院では、鍼を使って痛みを取ります。鍼は直接患部に刺激できる唯一の方法です。電気鍼で中からほぐすことにより痛みを取り、筋肉を弛め、循環を改善したのち、骨盤の歪みを矯正して完治へと導きます。



何年も慢性痛でお悩みの方へ

なぜ身体は痛むのでしょう。そもそも、痛みって何?
痛みはカラダを守る信号です。痛みが出たと言うことは、「それ以上無理をするな」「休め」というサインです。

例えば、野球のピッチャーがボールを何十球と投げていたら肩が痛くなってきた。
「それ以上投げるな」という信号です。そしたらそこで無理して投げちゃいけないんです。「休め」と言っているんです。でも、次の試合も投げたい。休むわけにいかない。
貴方ならどうしますか?

痛み止めを飲んで投げ続ける?病院で麻酔を打って貰って次の試合も出る?
麻酔を打てばお腹切っても痛くないように痛みは感じなくなりますが、けして治ったわけではないですよね。投げ続けていたら肩が腫れてきて、腕は挙がらなくなってきます。
薬が切れたら、激痛で悪化しています。

例えば、熱いストーブの上に手を載せた。「イテッ(アツッ)」と手を引っ込める。
その時痛み止めを飲んでれば痛くないから、「手を載っけていても大丈夫」となりますか?痛みさえ取れれば・・・という考え方は危険なんです。
でも休めない。じゃあどうしたらいいと思いますか?

適切な治療を受けてケアすることです。痛みを遮断するのではなく、炎症を抑える。
原因を考える。先程のピッチャーで言えば、筋力が無いのかも。だったら練習で投げ込む数を減らして基礎トレ・筋トレを増やすべきかも。特に足腰を鍛えて踏ん張る力をつけ、ストレッチで身体の柔軟性を高めて全身をバネのようにしならせて投げたら、肩だけに負担がかかることもなく、且つ球威も増すのでは?

或いはフォームが悪いのかも知れません。オーバースローをサイドスローに変えたら負担のかかる筋肉も違ってきます。こういった改善が必要です。
これが治すと言うことです。

これを一般の生活に当てはめると、運動やストレッチ、或いはお仕事でのフォーム改善の必要性がわかってくると思います。ですから、当院でも運動の仕方、身体の使い方、ストレッチなどの指導も行います。

でも運動は嫌いだし、癖は変えられない・・・という方も多いはず。言われたときは意識するけど、のど元過ぎれば何とやらで、またもとの生活に・・・どうしたらいい?
だったらプロにケアして貰うことです。

歯磨きもそうですよね。毎日ちゃんと磨いているつもりでも、磨き癖がありいつも同じ所に磨き残しが残る。意識してそこを磨けばいいのですが、面倒くさいし、忘れちゃう。
だったら、定期的に歯科医院に行ってプロにお掃除して貰う。そうすれば、いつも良い状態が保てることと思います。
これは肩でも腰でも同じ事が言えます。

何年も慢性痛でお悩みの方。希望は「とりあえず痛みさえ取れれば・・・」と来院されます。でも、「やって貰ったときは良いんだけれど・・・やっぱり又痛くなっちゃうんだよなぁ」と、いろんな病院を移り歩いてきたことでしょう。
大切なことを言います。

「痛みさえ取れれば・・・」ではなく、硬くなった筋肉を弛めて、循環を改善する。
歪みも矯正してバランスを整える。そして自分で上記のようにリハビリを行う。
或いは環境を変え、心持ちを変え、安心を手に入れる。




原因は不良姿勢、運動不足、同じ姿勢を続けている、動かない、ストレス、フォームの悪さ、使いすぎ、無理しすぎ・・・そこを改善する必要がありますよね。
それを改善出来なければ又再発します。それを防ぐためには定期的にプロにお世話になりましょう。

実はメンタルから来ている痛みが腰痛の1/3、肩こりに至っては1/2といいますから、心持ちを変えることも大切です。ストレスが筋肉を固くして、筋肉を凝らせ、循環を悪くしているのですね。長年煩っている方は心も疲れて、自律神経が乱れているために痛みから逃れられなくなっている可能性もあります。そんな場合にはチェックシートでテストして、問題があれば当院で開発したメンタル・ヘルス(自律神経調整)治療であるメノ・セラピーで対応します。

慢性的な痛みでお悩みだった方には、定期的なメンテナンス・ケアをすることで「いつも元気」「いつも調子良い」「あれからずっと痛くない」になることでしょう。

プログラムを組んで計画的にしっかり治療を受ける。自宅でのリハビリも頑張って筋力をつけ、原因となっている生活スタイルを変える。それが出来ないのなら、定期的にメンテナンスに治療を受けて良い状態を保つようにする。
実は当院にいらっしゃる患者さんの半分は、ギックリ腰などで痛くてしかめっ面をして来院し、治療後は「楽になった」と笑顔で帰る人が半分、もう半分の方は笑顔で来院され「具合はどうですか?」と訊くと「調子良いですよ」と答える。でもメンテナンス治療を受けた後は「やっぱ、やって貰うと違うわ。全然楽!」と言って帰る方が半分。
この定期的にメンテナンスにいらっしゃる後者になって貰ったらいいと思います。



女性専科

美容鍼&美顔整体
美容鍼
顔にある美容系のツボに刺激を与えることで、皮膚組織の代謝促進や血流を改善させしわやくすみ、むくみなどを改善していきます。

~効果~
お顔の筋肉に直接鍼を打つことで、血液やリンパの流れが良くなり、代謝アップすると老廃物が排泄され、筋肉の質が良くなり、下がった筋肉が元の位置に戻ることで、お顔のリフトアップハリを実感できます。

「顔に鍼なんて怖い」というイメージがあるかもしれません。ご安心下さい。
痛みもなく施術中に会話も出来ますし、笑っている方もいます。
ほとんどの人は、施術中気持ちよく眠ってしまいます。
美顔整体
お顔の歪みを整え、血行・リンパの流れを良くしリフトアップさせます。
お顔はもちろん、デコルテ(胸~鎖骨まわり)から首・肩までをほぐしてゆきます。
お化粧を落とさず出来る美顔整体でお肌を活性化させます。
又、プログラムを組んで、小顔矯正・リンパエステも行います。

プログラム
最初の1~3回は1週間おきに詰めて来て下さい。ここでお顔を良い状態に作ります。
1・2回目 美容鍼+美顔整体
3回目 美容鍼+小顔矯正

その後は2週間に一度のペースで、お顔を整えていきます。
4・5回目 美容鍼+美顔整体
6回目 美容鍼+美顔リンパエステ(この日はメイクを落としていただきます)

整えても時間と共に老化していきますから、その後も定期的にメンテナンス
していくことをオススメします。

上記プログラムはチケットでの施術に限ります。
受付時間は平日 10:30~16:30、土日 11:00のみ受付となります。

※有効期限にご注意ください。チケットの有効期限は6ヵ月です。
※チケットは再び払い戻しによる現金化、返金は出来ません。

表情筋トレーニング

当院スタッフの大関裕子が栃木県唯一の協会認定セルフリフティングインストラクターとして講師を務める表情筋トレーニング。毎日使っているご自分のお顔、セルフケアも非常に大切です。

インストラクターからのメッセージ

今までも気になるところ(毛穴、シミ、肝斑、たるみ)はエステ、美容皮膚科、美顔器、化粧品etc.で対処してきました。
でもアラフィフの年齢と子供の巣立ち、受験、思春期トラブルなどの心労が重なり自分で思う以上に一年で顔が変わってしまいました。
でもその老け顔の原因が筋肉の衰えなんて思いもせず、的外れ努力は報われるわけはなく鏡を見てはため息の日々。

反抗期真っ只中の娘との関わりも難しく、仕事でも悩み、些細なことで夫と喧嘩、まさに負の連鎖を起こしてました。

「夢はママみたいなお母さんになって幸せになることだよ」って言ってくれた子供達のためにもなんとかしたい。そんな時おきゃんママのブログに巡り合いました。

まずは意識的に口角を上げるところから始めました。
そうすると不思議なことに心に余裕ができ、いろんな事を前向きに考えらるようになり、私だけでなく周りにも笑顔が増えてきました。

顔が若返るだけでなく、心にもパワーを与えてくれる「たるみ改善!顔ダンス」。人生思うようにいかない事が多いけど、顔は自分で変えられる。

顔ダンスで自分を応援してくれる若見え顔を作りましょう!

冷え症治療
どうして冷え性は女性が多い?
①自律神経のバランスが崩れやすい
緊張・ストレスなどで自律神経が乱れると手・足先の血流が悪くなります。逆に「子供の手が温かくなってきたので眠くなってきたのね」というように、リラックスすると手足への循環が良くなります。女性ホルモンの影響もあり、自律神経のバランスを崩しやすいのも、上手くリラックス出来ないのも女性の方です。
②筋肉量が少ない
特に運動の習慣がない人は、熱を作り出す元となる筋肉量が圧倒的に少ないため、どうしても熱量不足になりやすく平熱も低くなりがち。
③骨盤の形が丸い
女性と男性の骨盤の形を比べると女性の方が丸く、また狭い骨盤の中に子宮や卵巣が収まっているため女性の方が骨盤内の血流も悪くなりがちです。その上骨盤に歪みがあるとなおさらです。
④心臓のポンプ力が弱い
低血圧・貧血ぎみの方は、心臓が血液を押し出す力も弱く、血行が悪くなりやすいといえます。
当院の治療法
当院ではお灸・ツボ指圧(下半身)、それに磁波温熱器を使って循環を良くし、代謝を上げ自律神経を整えます。
尚且つ、自宅でもお灸を据えて頂けるよう、ツボを教え、お灸をお分けしてホームケア指導も行います。
週1回の治療を8週間、それに自宅でのセルフケア、そして8週間後には骨盤の矯正も行い、骨盤の歪みを取っていきます。
マタニティ鍼灸
妊娠中でも腰が痛くなったり肩が凝ったり、いや妊娠中だからこそお腹が重たくなって腰に負担がかかり痛めてしまう方も多くいらっしゃいます。 臨月でギックリ腰になって来院された方も少なくありません。

「妊婦でも鍼灸を受けて大丈夫なの?」とよく相談を受けます。
勿論大丈夫です。臨月でも横向きで、通常の治療と同じように腰や肩の治療も行えます。
ですので内容・料金も一般の治療と同じです。
特に妊婦さんは腰を痛めて病院に行っても「妊娠しているからレントゲンも撮れないし、痛み止めも出せないからとりあえず湿布貼って様子を見て・・・」と言われてしまいます。そんな時には安心して当院を受診下さい。

つわりなどの体調不良や、逆子の治療も行っています。
特に逆子に関しては、最近は産院では逆子治しを行わないので、当院に相談に来る方が多いです。
逆子の灸治療で80%の成功率があります。
詳しくは下記をお読み下さい。
逆子(骨盤位)治療
赤ちゃんは、妊娠中期までは羊水の中で、お魚のようにくるくると動き回っています。
後期になると赤ちゃんの頭が大きくなり、頭を下にして落ち着いてきます。
その逆、頭を上にしてしまうのが逆子ですが、いろいろな説がありその原因の特定は未だ不明というのが現代医学の本音なのです。
いざ出産の時には危険が多いため自然分娩は試みず、帝王切開を選択します。
しかし、お母さんの気持ちになってみれば、やはり、おなかを切らずに越したことはありません。
もっと切実に「上の子もいるし、核家族で頼れる親もいないし、長く入院するわけにいかない」こともあります。
当院はお灸を用いる副作用のない治療を行っております。
自分自身の事だけではない上に、鍼灸経験もなく、不安に思うお母さんもいらっしゃると思います。
当院の逆子(骨盤位)治療の流れを説明致します。
①問診

まず患者様からお話を聞き、詳しい状態を確認します。





②点灸

右脚の至陰(しいん)穴に米粒の半分くらいのお灸を行います。

※至陰(しいん)とは・・・
字のごとく、陰に至るツボ。
陰=女性。つまり婦人科疾患の特効穴。

③高麗手指灸

三陰交(さんいんこう)穴に高麗手指灸を行います。

※三陰交とは・・・
内くるぶしより、指4本上にある。
こちらも婦人科の特効穴です。陰系の総本山。

④リラックスマッサージ

首・肩を中心に緊張をほぐし、赤ちゃんがまわり易いよう身体をゆるめます。
治療のタイミングとペースについて
28週目以降から逆子に対する懸念がうまれます。このタイミングで治療をおこなえば、80%の成功率です。
36週を越すと効果は出にくくなりますが、臨月に入ってからの施術で成功した例もあります。
何もしなければ良くなる確率は運任せ。やってみる価値は必ずありますよ。
その晩床についてからぐるぐると動き出すことを体感して下さい。