当院について

【こころ】に癒しと、しっかり安心感。

初めての治療院はちょっと不安で緊張するもの。特に病院は何か無機質で冷たい感じもします。

当院の内外装はリラックスできるように、落ち着いた色合いで珪藻土や天然素材を用い
優しい音楽柔らかい照明にしました。
治療ベッドが6台、第一治療室、第二治療室、問診室及び、特別室とあります。





治療の流れ

入口のドアは、益子のカフェ『KENMOKU』で使用していたドアを
譲り受け、使用しています。 木のぬくもりや、やさしい色合いで、患者様をお迎え致します。





玄関でスリッパに履き換えて頂き、お入り下さい。







まず、保険証を受付にお出し下さい。
その後、問診票を記入して頂きます。
わからない事があれば遠慮せず、おっしゃって下さい。





その後、問診室に移り、詳しく症状を聞いていきます。
そして身体の動き・歪み・バランス等を検査し、なぜそこが痛むのかを筋肉や
神経の解剖図を見ながら、原因と治療方を説明していきます。
その後、治療に入ります。




多くの院が白やブルー・グリーン系の清潔感がある色合いを使用しますが、
少し冷たい印象があります。当院は治療中、心身ともにリラックスして頂けるよう、
やさしい色合いにしています。




院長・スタッフ紹介

大幡 正志
柔道整復師(ほねつぎ 整骨師) 

鍼灸師厚生労働大臣認可の国家資格  
柔道整復師免許 第33213号
はり師免許   第102271号  
きゅう師免許  第102258号


実家は真岡市内で鍼・指圧の治療院を営んでいます。20代は東京で「若・貴」で有名な双子山部屋の近くにあるペイン・クリニック(痛み取りの治療)で有名な整形外科で助手として働き、鍼を使って痛みを取る治療を専門に行っていました。(スポーツ選手は、お薬による治療を嫌い、鍼治療を好む傾向があります。)

その後、千葉県市川市にある大きな整骨院グループで院長を2院歴任し、その間4年半かけてカイロプラクティック術・整体術を習得しました。

平成10年7月 「真岡はりきゅう整骨院」開院。
それまで積み上げた経験と技術をより生かすカタチで、この地に【鍼・灸・指圧マッサージ・整骨カイロプラクティック・整体などの治療法を取り入れた総合的な治療院】を開院いたしました。

得意なジャンルは、やはり鍼治療を中心とした痛み取りです。20年の臨床経験の中で開発した独自の治療法「大幡式鍼治療」は、痛みを取るのに大変効果があります。 症状としては腰痛及び、坐骨神経痛。それにムチウチ・首肩のコリ、頭痛の治療に力を入れています。 症状の目的は「治癒」。 治癒とは「治し」「癒す」双方とも大事です。しっかり治し、心地良く癒す治療院を目指しています。

平成30年 おかげおかげさまで20年。約12万人の症例があります。

スタッフ紹介