治療の特徴

  • 痛み取りに特化した大幡式電気鍼&灸治療
  • バランスを整える整体・カイロプラクティックで歪み矯正
  • 栃木県で唯一、鍼灸整体による自律神経調整治療専門院
  • 土日祝も受付
  • 8割が女性患者様なので院長以外スタッフは全員女性
  • 美容鍼・冷え症治療・逆子・妊婦さんの鍼灸治療
  • 予約制で待ち時間なし
  • 平日託児OK(予約の電話の際、お申し付けください)
  • 交通事故治療無料


痛みを取り、症状を落ち着かせるために即効性のある当院で開発した【大幡式鍼治療】を中心に集中治療を行います。
*この治療法は4Sを全て満たした、院長独自の治療法です。

父の代からの二代目で院長も28年のキャリア、ここで開院して20年(延べ人数約15万件の臨床経験)があります。(平成30年現在)親子で開発した、独自の大幡式電気鍼治療は痛み取りに優れた効果を発揮します。


  • 大幡式電気鍼治療とは…


鍼灸師歴28年の院長と、その父であり鍼灸師歴55年の泉治療院院長とが約10年研究を重ね、中国医学書の古典からのヒント(こちらは父の研究)と、最新のペインクリニックからのやり方(こちらは当院院長)を足して、より効果的で、より短時間で痛みを取る鍼治療を開発させたのです。これは、オリジナルの治療法なのです。

患部にあるポイントとなる陽の経穴(ツボ)と、そこから少し離れた陰の経穴(ツボ)を使って特殊な電流を流し、強く響かせることによって痛みを消してしまうという療法です。シンプルな治療法ながら、無駄が無く確実に疼痛除去するので、即効性に優れています。

この鍼治療を一度受けて楽になった、痛みが取れたと実感して下さった方は、例え遠くとも(遠いところでは東京都内・横浜・茨城県常陸大宮、埼玉県東鷲宮、群馬県太田市、栃木県日光市、那須塩原市・・・)辛い時にはお電話で予約を取って来て下さいます。また、治療に伴う痛みもありませんので部活動でケガをしてきた学生もこの治療を受けています。頭痛・肩痛・腰痛や坐骨神経痛などの神経痛には大変効果的です。

  • 4Sとは…

「この痛みを取りたい」「不快症状から逃れたい」そう思って皆さん様々な対処をします。
色々な治療法があります。薬局で塗り薬を買う。湿布を貼る。接骨院で電気をかけてもらう。マッサージ・サロンで揉んでもらう。整体でほぐして貰う・・・でも良くならない。何故でしょう。

痛んでいる場所がヒフや表面の筋肉ではないからです。
上記の治療法は全て皮膚の上からの刺激です。本当に問題で施術しなければならないのは深部の筋肉であり、深部の神経であり、深部の骨格の歪みであるからです。
鍼は唯一、深部からダイレクトに刺激出来る方法です。
中からほぐせるために即効性があります。その他に直接深部の神経や筋肉を触る方法は外科手術のみです。(膝の場合は内視鏡も含む)まさか、そう簡単にメスで切って開いて・・・というわけにはいきませんから、鍼が唯一の方法といえます。

鍼は開腹手術の際麻酔を使わずとも鍼による鍼麻酔という方法があるように、痛みを取るには大変効果が高く、且つ薬剤も使いませんから副作用の心配もありません。
直接刺激が出来る上、身体への負担がかかりませんから回復も早いのが特徴です。

当院では先代の父(鍼灸歴50年)と、当院長(鍼灸歴25年)の二人で開発した、特殊 な電気鍼を用います。これは陰陽ふたつのツボを使って痛みを消してしまうテクニックです。
強い刺激ですがけして痛いわけではなく、むしろ痛いところがほぐされ、心地良く感じることと思います。
これは当院でしか体験出来ない独自の技法です。
名前がないのでとりあえず【大幡式鍼治療】と呼んでいます。

鍼は「痛くないのか?」「安全なのか?」と訊かれますが、当院の鍼はおひとりおひとり使い捨てを使用しています。最年少は3歳、そして5歳の幼稚園児が当院の鍼治療を受けています。幼稚園生が泣かずに受けられるくらいですから、ご安心下さい。

鍼灸は痛みを取ることは勿論ですが、その他にも
○炎症を抑える(関節炎、腱鞘炎、胃炎、膀胱炎など)、
○気血の流れを良くして自律神経を整える(動悸や目まい、冷えや震え、火照りや逆流性 食道炎、胃潰瘍など自律神経失調症、ウツ、精神不安など)、
○交通事故治療(ムチウチなど)
○逆子を治したり、不妊症、冷え症などの婦人科疾患
○花粉症などにも対応しています。

施術を受けると痛みが取れ、症状が随分楽になっていることに驚くと思います。
痛みが取れると「治った!」と思ってしまいますが…まだけして治ったわけではありません。
このまま現場復帰してムリを重ねたら、又すぐに痛くなるでしょう。痛みが取れたイコール完治ではないのです。
歪みを矯正してバランスを整えることで再発させないようにする。これも大切な治療です。

例えば右膝が痛いとして、病院に行くと「歳だから」「軟骨がすり減っている」「痩せなきゃ駄目」・・・そう説明されて、湿布と痛み止めの飲み薬を貰って様子を見てきたけれども・・・全然良くならない。そこで当院を訪れる。

説明をします。
「本当の原因はそうじゃないですよ。右膝が痛くて、左膝は痛くない。どちらも同じ日に生まれているのに。ケンケンで歩いているわけでもないのに。だから、単純に歳とか肥ってるという問題ではなく、バランスが崩れたから右膝に無理がかかっているわけです。」

そして姿勢分析器で身体の歪み・バランスをチェックします。
「姿勢を分析するとホラ身体が傾いていますね。骨盤も歪んでいます。歩いてみて下さい。右足が外を向いていますね。だからですよ。そこを治さないで痛み止めで対処しても解決にならない。だから治らないんです。」

「鍼灸で痛みを取り、指圧で筋肉を弛め、筋トレ、リハビリ、ストレッチも指導します。最後に骨盤矯正でバランスを整える。こういう治療が必要なんです。そこまでしっかりやってあげれば、ちゃんと治ります
こう説明しますと皆さん納得して下さいます。
そしてこのプログラムに従って治療を受けた方は皆さん良くなっています。

「行ったときは痛みが取れて良かったんだけれど・・・1週間したら又痛くなってきた」では治っていない。
その為には計画を立て、おひとりおひとりに合わせたプログラムを組んで治療に当たる必要があります。当院では「痛みが取ればOK」ではなく、歪みを矯正してバランスを整え、再発させない、完治させるを方針で治療を行っています。

患者さんからの感想「坐骨神経痛で来たのですが、鍼をしてもらったら歩けるようになったので良かったです。色々な治療が受けられるので有り難いです。脚の痛み・しびれも取れました。最後に骨盤矯正で脚の長さが同じになって、姿勢も良くなってカラダがしっくり来ました。なにしろ最初に鍼をして貰ってすぐに腰が良くなったのはビックリしました!」

有り難いメッセージです。こう言うのは受けた方しか判らない。
鍼は怖いと思っている方が多いですが、実際受けてみると痛くも何ともない。
それより何より即効性がある。すぐに歩けるようになる。
そして痛みで身体が歪んで脚の長さも違っていたものが、骨盤矯正をしたことで脚の長さも揃い、姿勢も真っ直ぐに。

身体が傾いたまま、骨盤が歪んだままだと、痛みは取れても器が傾いているから長く支えられない。同じ姿勢を保てない。仰向けで寝られない。膝を曲げている方が楽なんて言うのは骨盤が歪んでいる証拠。だから、歪んでいるとまたすぐに痛くなりやすい。
片脚だけが痛むのは身体が歪んでいる証拠。「痛みさえ取れれば・・・」ではなく、歪みを矯正することが必要です。

坐骨神経痛は腰・骨盤で神経が圧迫されて脚が痛む循環障害による症状です。
脚が痛いからと言って、脚を揉んだり湿布を貼っていても、腰・骨盤の歪みを整え、圧迫を解除して循環を改善しないと脚の痛み・しびれは取れない。
だから腰、お尻(梨状筋)の筋肉を弛め、ツボに鍼灸をします。

「痛みを抑え」→「筋肉を弛め」→「循環を改善し」→「歪みを矯正して整える」

という治療プログラムを組んで段階ごとに様々な治療法、アプローチを行います。ここまで行って、再発しない、完治したと言えます。